グローバル化に伴う教育の変化

グローバル化の進展は、学校教育にも大きな影響を及ぼしつつあります。

グローバル化に伴う教育の変化
グローバル化に伴う教育の変化

グローバル化に伴う教育の変化

グローバル化の進展は、学校教育にも大きな影響を及ぼしつつあります。一昔前まではゆとり教育が行われていましたが、それでは他国に遅れをとることになるので、学習する内容も元に戻されました。それでも、週休2日制は維持されていますが、授業時間を増やすために、見直しがなされる可能性もあります。さらに、現在は中学校から行われている英語の授業が、小学校から実施されることになりました。大学においても、昨年スーパーグローバルユニバーシティーが採択されましたし、高校においてもスーパーグローバルハイスクールが選定され、英語教育に注力されています。ただ、こういった英語を重視する教育が行われていますが、単に英語が話されるだけではなく、英語はあくまでもコミュニケーションツールであって、英語を用いて外国に出て行くことが求められています。

ただ、どんなに英語教育に力を入れても全員が英語を話せるようになるわけではありません。英語を使って外国人とコミュニケーションを取るだけでなく、異文化への理解、自国の文化を相手に伝えるための表現力や積極性など、正課内の学習以外で身に付けることができる能力が必要とされています。グローバル化により、日本の教育そのものの在り方が変わろうとしています。

Copyright (C)2016グローバル化に伴う教育の変化.All rights reserved.